spacer ホストとのデータ交換
ホストとのデータ交換
spacer
データ消去/HDD&メディア破壊サービスデータ消去/メディア破壊サービスspacer
メディアコンバートサービスメディアコンバートサービスspacer
spacerその他の製品・商品その他の製品・商品spacer他社ブランド商品他社ブランド商品spacer製品カタログダウンロード製品カタログダウンロードspacer
文字コード変換&データ暗号化ユーテリティーのアップデート履歴です。
バージョンアップのお申込みは『MTSDR-W32バージョンアップのお知らせ』からどうぞ。

更新日付

2016/2/1

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.57

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.56

内  容

不具合修正
1) 固定長形式のファイルを特定の条件下で暗号化すると、エラーにならない不具合を
   解消しました。

更新日付

2015/3/1

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.56

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.55

内  容

不具合修正
1) CSV形式のファイルを特定の条件下で変換すると、エラーにならない不具合を
   解消しました。

更新日付

2013/11/1

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.55

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.53

内  容

改良・変更
1) メッセージ表示の改善
   処理ディスクファイル名表示の改善等
2) VOL1ラベルのEDRC識別文字埋め込み機能の追加
   CMT圧縮モードにおいて、従来の「なし」「あり」に「あり+ P 」を
   追加しました。
   「あり+ P 」を選択すると、VOL1ラベルにEDRC識別文字を埋め込みます。
3) Windows10の対応。
   磁気テープ装置(JXシリーズ)をお使いの場合はお問い合わせください。

更新日付

2012/5/11

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.53

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.52

内  容

不具合修正
1) MT2DISKでテープに記録されているファイル数以上を指定して
   処理すると、状態によってデータエラーとなる場合がありましたので修正を
   おこないました。
   →本来動作の31 :「ボリュームの終わりを検出しました」エラーになるよう
   に修正しました。
改良・変更
1) MT2MTのテープコピーモードで、データファイルコピーエラーで処理が
   中止した場合も、何ブロックコピーしたかわかるように改善しました。
※  テープコピーオプション
2) Windows8.1/Server2012R2の対応。
   磁気テープ装置(JXシリーズ)をお使いの場合はお問い合わせください。

更新日付

2011/12/20

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.52

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.50

内  容

不具合修正
1) JX9800シリーズのRe-Packing動作中にタイムアウトになった場合、
   その後の処理で不具合が発生する場合がありましたので修正を
   おこないました。
改良・変更
1) MTSDR-W32で使用するDLLファイルの検索順序を変更しました。

更新日付

2010/12/15

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.50

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.40

内  容

改良・変更
1) JX9800ACLランダムモードの対応。
※  以下のデバイスドライババージョンが必要です。
   x86版:バージョン4.10 / x64版:バージョン5.10

更新日付

2010/12/15

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.40

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.33

内  容

改良・変更
1) EBCDIC(CP290)コードの対応。

更新日付

2010/03/09

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.33

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.31

内  容

改良・変更
1) SETのラベル設定項目「ボリュームラベルの更新」パラメータ値を「なし」、「あり」から「なし」、
   「設定値で更新」、「読込値に更新」に改善しました。

   改善前:   改善後:
   「なし」    「なし」
   「あり」    「設定値で更新」:SET設定値で上書き(※従来の「あり」に該当)
           「読込値で更新」:テープラベル値で上書き

更新日付

2009/10/28

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.31

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.30

内  容

不具合修正
1) ゼロバイトファイル(バイナリ/レコード長80バイト以上を指定)のAES暗号をすると
   エラー(75)が発生する不具合を修正しました。 ※AES暗号オプション

改良・変更
1) x64版デバイスドライバ(バージョン5.00)リリースに伴い、64ビットOSの対応。
2) Windows7/Server2008R2の対応。
   JX9700/JX9800シリーズ対応デバイスドライババージョン
   x86版:バージョン4.02 / x64版:バージョン5.00

更新日付

2009/03/19

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.30

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.11

内  容

不具合修正
1) ラベル自動設定のブロッキング有無の設定でOS使用の文字列長が23以下だと
   ”B”の自動設定されない不具合を修正しました。

改良・変更
1) JX9800シリーズの対応。
2) AUTOモードのオートローダー装置でのアンロード待ち処理を追加しました。

更新日付

2008/08/20

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.11

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.10

内  容

不具合修正
1) 鍵ファイル作成時の鍵、IVの入力値チェックの不具合を修正しました。
   GUI  修正前:鍵の1~64ビットと65~128ビットが入力されてないとエラーになる。
        修正後:全て入力されていなくてもエラーとならない。

   バッチ 修正前:鍵の1~64ビットと65~128ビット、IVの1~64ビットと65~128
        ビットが入力されていないとエラーなる。
        修正後:全て入力されていなくてもエラーとならない。
   ※ AES暗号オプション
2) 鍵ファイル作成画面の「注意!」説明の修正と[キャンセル]ボタンを[終了]ボタンに変更しました。
   ※ AES暗号オプション

更新日付

2008/06/05

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.10

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00~5.01

内  容

改良・変更
1) インストールプログラム改善に伴い、プログラムファイルと設定
   ファイルのインストール先フォルダを分けるようにしました。

   デフォルトのインストール先は、
   プログラムファイル: ”c:\Program Files\Jpc\MTSDRXXX”
   設定ファイル: ”c:\Document and Settings\”下のユーザー固有フォルダ
             もしくは、”c:\Users\”下のユーザー固有フォルダ
2) Windows Server 2008/Windows Vistaの対応。

更新日付

2007/12/11

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.01

該当品名

MTSDR-W32 バージョン5.00

内  容

不具合修正
1) 漢字イン・アウトコード変換時のメモリ保護エラー発生不具合を修正しました。

更新日付

2007/09/20

更新品名

MTSDR-W32 バージョン5.00

該当品名

別途有償製品

内  容

改良・変更
1) AES暗号(COMPLOCKⅡ)に対応しました。(有償オプション)

以下の暗号方式及びファイル形式が追加されました。
① AES暗号+固定長圧縮
② AES暗号(固定長対象)
③ 固定長圧縮
④ AES暗号(ヘッダーなし)
※ 従来のブロック暗号/ストリーム暗号/暗号なしにも対応しています。

※これ以前のアップデート履歴(ver. 4.xx)はこちらをご覧ください。
※これ以前のアップデート履歴(ver. 1.xx-3.xx)はこちらをご覧ください。

お問合せ
日本パーソナルコンピューター株式会社

営業担当:馬場、伊藤
TEL: 045-470-8128 ,050-3000-9908 FAX: 045-470-8129
E-Mailsales@jpcltd.co.jp
ページ最上部へ
ページ最上部へ