廃棄するHDD(ハードディスクドライブ)や各種メディア、デバイスを物理破壊して情報漏れを根源からシャットアウト!
出張作業でお客様の目前で破壊作業するから安心。実績多数でさらに安心! HDD&メディア破壊出張サービスのご案内です。
不要/破棄するHDD(ハードディスクドライブ)や磁気テープ(MT、CMT)、携帯電話、PDAなどを目前で物理破壊するサービスです。 物理破壊するので事実上、破壊後のメディアからのデータ読み取りは出来ない為、廃棄HDD&メディア、廃棄機器からの情報漏れをシャットアウトできます。
まずはお気軽に担当まで問い合わせください。
★ より高いセキュリティーを求める企業様向けに、専用磁気イレーサー機器による磁気テープ消磁作業オプションを用意。
JPCのHDD&メディア破壊出張サービスの特長JPCのHDD&メディア破壊出張サービスの特長
HDD&メディアの物理的破壊によりデータ復旧が不能となります
出張作業でお客様の目前で作業するから安心
素早く確実な処理(HDD一台当たりの破壊はわずか数十秒)
多くの企業様の要望にお応えしてきた実績と安心
HDD&メディア破壊サービス問い合わせから作業までの流れ
・お客様の目前でHDD&メディアの破壊作業をします。 ※ 別途郵送での作業も承ります。弊社営業までご相談下さい。
・ソフトウェアによるデータ消去や磁気を用いたデータ消去に比べ、HDDやメディアの物理的破壊が目視できるので安心です。
・HDDやメディアを物理破壊する事により、データの復元は事実上不可能となります。
・HDDやメディアを物理破壊しますので使用されていたPCやOSの種別は関係ありません。
・故障、動作不良などで正常動作しないHDDでも破壊処理が可能です。
※磁気テープの消磁サービスもオプションで用意しております。破壊サービスと兼用することでより確実なデータ破壊を実現します。
詳しくは弊社担当までお尋ね下さい
・HDD、各種磁気テープ(MT、CMT)、CD/DVD、FD、MO、Zip、PDAや携帯電話等のデバイスも破壊可能です。
破壊可能なメディアの種類
・磁気によるデータ消去方式と比べて、作業する周囲に磁界が生じないので安心です。*1
・ソフトウェアデータ消去やフォーマットに比べ処理が圧倒的に早く済みます。
・ソフトウェアデータ消去サービスにありがちなHDDの容量による作業代金の差額はありません。
・破壊後に不要となったHDDやメディア、携帯電話等の機器の引き取りも可能です。※ご相談下さい。
*1・・・磁気テープ(MT、CMT等)消磁オプションを選択された場合はこの限りではありません。

メディア破壊サービスで使用する機器・弊社でお受けできる作業量の目安

一日8時間作業として、最大作業量の目安は以下となります。
HDD破壊の場合・・・200個相当 CD/DVDなどの破壊の場合・・・1,000枚相当
磁気テープカートリッジ裁断の場合・・・400本相当

データ消去の必要性 〜 データ消去はユーザの責任
社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)の指針から 「守るべき情報は自分で守る」、「HDD内のデータの消去はユーザーの自己責任で管理する」と示されています。
 廃棄メディア、廃棄デバイスから企業や個人の情報を外部へ流出させない為、ユーザー自身の責任でデータを完全に読み取り不可能にする事が重要です。廃棄メディア、廃棄デバイスは廃棄する前に機密データ、プライバシー情報が第三者に漏洩しないよう対処が必要です。
HDD&メディア破壊出張サービス問合せ
日本パーソナルコンピューター株式会社 本社営業部
営業担当:伊藤、後藤
TEL: 045-470-8128 ,050-3000-9908
FAX: 045-470-8129
E-Mail: crush@jpcltd.co.jp
ページ最上部へ